強力な除菌・消臭力

強力な除菌力
一般的に殺菌するには加熱殺菌法と化学的殺菌法があります。加熱殺菌は121℃ですべての微生物を死滅させます。高温を使えない環境の場合、塩素系とオゾンと紫外線が考えられますが、中でも塩素の殺菌力が一番有効です。塩素と水を反応させると、塩素ガス、次亜塩素酸、次亜塩素酸イオンの三種類になります。このうち次亜塩素酸と次亜塩素酸イオンが殺菌作用を示しこれを遊離塩素と呼びます。この遊離塩素はphの変化によって存在比率が変化する性質を持っています。その殺菌力はph4.5で最大となり、酸性側、アルカリ側に移行するとともに放物線を描いて低下します。Dr.パオは独自のサイクロン製法により、phを4.5から7.5の範囲に固定し、強力な殺菌効果と安全性を両立したのです。


枯草菌や黒麹かびのような強い菌からO-157や大腸菌、サルモネラ菌さらに、
パルボウィルスやジステンバウィルスまであらゆる菌に有効です。


強力な消臭力
次亜塩素酸ソーダは消臭効果がることで知られてますが、Dr.パオは次亜塩素酸ソーダの約80倍の消臭力を持ちます。特に酸化されやすい臭気に効果があり、生ゴミなどから発生する腐敗菌による悪臭に大変効果があります。また、アンモニア臭は分解され、無臭無害となります。

臭気基準:
1.全くしない
2.かなり減った
3.減った
4.あまり変わらない
5.変わらない
プロの臭気士(国家試験認定)による効果測定でも高い評価を得ました。

除菌力の比較